瀧光寺の歴史



1670年(寛文10年)
堀村庄屋淵田家の実子誠諦が本願寺第14世寂如上人の直弟となる。

1672年(寛文12年)
諦誠が師の免許により瀧光寺に入寺、門徒と協力して再建中興する。
本尊阿弥陀如来(渡辺康雲作)安置

1703年(元禄16年)
中興第1世誠諦53才で往生

1717年(享保2年)
2世誠信41才で往生

1750年(寛延3年)
玉虫善兵衛宛書類に当寺の広さ記載

1751年(宝暦元年)
3世加貞53才で往生

1757年(宝暦7年)
4世隆山37才で往生

1764年(明和元年)
5世円隆17才で往生

1775年(安永4年)
6世隆弁26才で往生

1793年〜1795年(寛政5〜7年)
この間にかけて本堂が再建される。

1794年(寛政6年)
7世恵俊28才で往生。 庫裡が8世隆志の頃から再建される。

1862年(文久2年)
8世隆恵84才で往生。この頃摂津国欠郡堀村と示されている。

1863年(文久3年)
9世恵隆往生

1865年(慶応元年)
10世隆照 娘に養子11世として西念寺(八尾市沼)より瓜園龍淵が堀家に入寺する

1952年(昭和27年)
13世 前々住職 正龍 継職

1969年(昭和44年)
12世龍雄86才で往生

1976年(昭和51年)
15世 剛典生まれる

1988年(昭和63年)
14世 前住職 全人 継職

2003年(平成15年)
16世 蓮音生まれる

2005年〜2007年(平成17年〜19年)
本堂新築建立

2013年(平成25年)
13世正龍97才で往生

2015年(平成27年)
15世 現住職 剛典 継職




  このホームページについてのお問い合わせ先 
      info@ryuukouji.jpn.org


 WEB管理人:浄土真宗本願寺派 瀧光寺 住職 堀  剛 典
〒558-0004 大阪市住吉区長居東1-5-3  TEL:06-6692-8293