盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆)

平成20年8月15日午後4時から盂蘭盆会のお勤めをさせて頂きました。
今まで瀧光寺でのお盆としては、各ご門徒さんのお家へ伺ってお勤めをする事に留まっていましたが、新たな本堂にお参り頂いて、共にご先祖を偲び阿弥陀仏へ報恩感謝する仏縁を持ちたく思い、本年度から本堂の方でもお勤めをする運びとなりました。

当日はうだるような暑さの中、多くの方々にお参り頂きまして大変嬉しく感じました。
また初めてお参り下さった方も数多くおられ、改めて有りがたく感じることが出来ました。




少し盂蘭盆会について説明

盂蘭盆会とはサンスクリット語のウランバーナと言う言葉を漢字で音写したものであります。
ウランバーナとは、「逆さまにつり下げられるような耐え難い苦しみ」という意味であります。
それを転じて、この苦しみにあっている人を必ず救う法要という意味になります。

注:あくまで一般的な意味としてです。各宗派によってそれぞれ捉え方が違いますし、
浄土真宗においてもこの一般的な捉え方とは異なります。
浄土真宗に於いては、盂蘭盆会とは言わずに歓喜会と表現する場合もあります。
一般的には、盂蘭盆会・お盆の方が伝わりやすいので、ここではこの表現を使っています。
また、盂蘭盆会の話では、目蓮尊者の話も有名です。
この話については、またどこか違う機会でお伝えします。

最後に、一つでも多くの仏縁を皆様方と持ちたく思っていますので、これからもお寺に足を運んで下さいますようお願い申し上げます。

                                  合掌



  このホームページについてのお問い合わせ先 
      info@ryuukouji.jpn.org


 WEB管理人:浄土真宗本願寺派 瀧光寺 住職 堀  剛 典
〒558-0004 大阪市住吉区長居東1-5-3  TEL:06-6692-8293