堀村の今昔(4)


    長居村の概観図



 大正時代の長居村

 明治22年(1889年)の町村制実施によって、寺岡・堀・前堀・山之内・杉本・杉本新田・庭井・我孫子・苅田の9村が合併して依羅村ができたのですが、明治27年(1894年)に寺岡・堀・前堀が依羅村から分離して新たに住吉郡長居村が発足しました。住吉郡は明治29年(1896年)に廃止されて東成郡となり、長居村は、大正14年(1925年)に東成郡が大阪市に編入されるまで存続しました。

 『大阪府全志』や『東成郡誌』は、この長居村の当時に発行されましたので、堀村の歴史の理解を助けるために、長居村の概略図を陸軍陸地測量部作製の地形図や都市計画図、土地区画整理図、明治時代初期の寺岡村や堀村の地割図などを参照して作成しました(使用ソフトは OpenOffice Draw と GIMP)。寺岡、堀、前堀は、町村制実施によって消滅した旧村を新たに大字(おおあざ)としたものです。

長居村の地名

 明治時代の地租改正にともない、土地台帳の整備のために行政区画として小字(こあざ)が設けられ、昭和5年(1930年)まで使用されました。字というのは、もともとは田んぼにつけた名前、畔名(あざな)のことですが、地租改正のさいにできるだけ漢字で表記するようにしたり、字を統廃合することもあったため、古来の地名が変わってことも考えられます。小字をふくむ長居村の地名をいくつか図示してみました。

@追分(おいわけ) 街道が分岐するところに多い地名です。江戸時代の地図には「ホリノ茶ヤ」「堀村之内追分村」などと書かれていて、茶店を中心に集落があったものと思われます。長居小学校の付近で、長居小学校の前身は追分小学校と称していました。長居村の役場も追分に置かれていました。

A栴檀城(せんだんじょう) 戦国時代に砦があったと伝えられているところです。

B鉄砲島(てっぽうじま) 周辺の村からも離れた場所ですので、人家を避けて鉄砲の試射をしたところでしょうか。

C大門(だいもん) 江戸時代から明治のはじめごろまで、大坂の町や周辺の村には、夜盗を防ぐための木戸門が、町の辻や村の出入り口に設けられ、木戸番が置かれていました。明治維新直後は夜盗や強盗が横行しましたが、警察の交番が配置されるようになって、木戸門はしだいに取り払われていきました。堀村では大門、F二の口、G門屋の三ヶ所の出入り口に番小屋が置かれていました。

D吉山(よしやま) 前堀村の村社である吉山神社がありましたが、明治40年(1907年)に祇園神社(現在の保利神社)に合祀されました。

EN横枕(よこまくら) 古代の条里制の名残の地名だと考えられます。

F二の口(にのくち、西の口とも) 堀の集落の西の出入り口の呼び名です。

G門屋(かどや) 堀の集落の北の出入り口の呼び名です。

H観音堂(かんのんどう) 瀧光寺ができるずっと以前は、堀村には観音堂があったのでしょうか。

I堂後(どうのしろ) 観音堂の北側(後ろ)です。

J境橋(さかいばし) 八尾街道の摂津国と河内国の境の井路(いじ、いろ)にかかっていた橋です。

K神楽所(かぐらしょ) 中世の堀村周辺には、石清水八幡宮の領地がありましたので、その名残かもしれません。

L山の防(やまのぼう) ここにも堂宇があったのでしょうか。

M白光(はっこう) これも八講田(はっこうでん)の名残かとおもわれます。

O鉾塚(ほこづか) 堀と前堀の墓地である東長居霊園があるところです。塚は古墳を指すことが多いので、かつてこの地に古墳があったのかもしれません。

P大町池(おおまちいけ) 『大阪府全志』では「長居池」を「大御池」としていますが、おそらく大町池の誤植で、江戸時代から大町池です。

Q長居、焼野(ながい、やけの) 証如上人の『天文日記』にでてくる長居宿があったところでしょうか。石田末吉先生の『寺岡村小史』(1966)では、著名な弓師の中沢丹波が住んでいたところとしています。

R細井川(ほそいがわ、細江川) 寺岡村の環濠と依羅池の水Sを集めて住吉大社の南側を流れ、住吉川となって大阪湾に注ぎます。日下雅義氏は『歴史時代の地形環境』(1980)のなかで、Rの細井川とSの井路は、古代に段丘を人工的に開削した「住吉堀割」だとしています。

街道の交差点

 堀村の集落は、古代から街道の交差点に位置します。

A‐C 住吉街道 住吉大社へ通じます。
B‐G 阿部野街道へ接続する支線です。
D‐E 八尾街道 八尾と堺を結ぶ街道です。現在の長居公園通にあたります。古代の磯歯津道だといわれています。明治時代の地図を見ると、八尾街道が整備される前は道はまっすぐではなく、Iの堂後で北側に曲がっています。
B‐F 高野街道 西高野街道へ接続します。
C‐H 百済街道 田辺へ通じます。
Y‐Z 古代の難波大道(なにわのおおみち、なにわだいどう)が難波宮の朱雀大路から真南に走っていたと考えられていて、大和川の南の今池遺跡からは路面や溝が検出されています。古代から摂津国と河内国の境界となり、現在は住吉区と東住吉区の境界となっています。


文責・駒井守





  このホームページについてのお問い合わせ先 
      info@ryuukouji.jpn.org


 WEB管理人:浄土真宗本願寺派 瀧光寺 住職 堀  剛 典
〒558-0004 大阪市住吉区長居東1-5-3  TEL:06-6692-8293